在宅医療推進地域支援事業

ごあいさつ

町民の皆様には、平素より医師会の運営にご協力いただきありがとうございます。
薩摩郡医師会では、鹿児島県医師会と在宅医療推進地域支援事業の受託契約を結び、医療・介護・福祉・行政の多職種が連携し合い、住民の方が住み慣れた地域でその人らしく暮らし続けられるよう必要な体制づくりに平成25年度から平成27年度まで取り組んでおります。
この度、在宅医療に関する町民の皆様のご理解を頂く為、医療資源マップを作成致しました。
薩摩郡医師会圏域の関係機関および住民の方々にお届け致します。
緊急時連絡先やかかりつけ医等のご記入のご協力を頂き、身近なところに置いて、お役に立てていただければ幸いに存じます。

薩摩郡医師会
会長 草野 潤

薩摩郡医師会
在宅医療推進
事業運営委員長
松下 兼一

さつま町医療資源マップ

樋脇町・入来町・東郷町・祁答院町医療資源マップ

在宅医療とは

在宅医療とは医師、歯科医師、薬剤師、看護師、理学療法士等が患者様のご自宅を訪問し、診察、治療、服薬指導、看護処置、リハビリ等を行うことです。
医療機関、歯科医院、薬局等への通院が困難な方に、定期的に訪問いたします。
又、自宅療養(点滴治療、投薬、酸素投与等)を希望される場合も、医師や看護師による訪問が可能となります。

在宅医療の体制

厚生労働省「在宅医療の推進について」在宅医療・介護あんしん2012 より抜粋

パンフレット

さらに詳しい説明はパンフレットをダウンロードしてご覧いただけます。

パンフレットダウンロード

在宅医療連携シート

在宅医療連携シートをご利用の際はこちらからダウンロードいただけます。

パンフレットダウンロード